宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

無料メールマガジン

登録はこちらから

バックナンバー

弁護士 翠川洋(みどりかわ ひろし)

_DSC7873.jpgのサムネール画像

○略歴

長野県出身
東京大学法学部卒業
平成06年4月 検事任官~札幌、前橋、東京、横浜の各地検で勤務
平成11年4月 仙台法務局訟務部付検事
平成16年5月 仙台弁護士会に弁護士 登録、官澤法律事務所入所
~現在に至る

○重点取扱分野

犯罪被害者支援(初期相談、示談交渉、刑事裁判への被害者参加等)
各種損害賠償請求事件(原告、被告)
不動産関係事件(所有権、境界、時効、明渡し等)
交通事故
企業法務(個人情報保護、コンプライアンス等)
家事事件(相続、離婚、後見等)
債務整理、自己破産、個人民事再生
刑事弁護(初期対応やセカンドオピニオンにも対応致します)


○弁護士会活動・役職

仙台弁護士会犯罪被害者支援特別委員会委員(平成24年度~25年度 委員長)
仙台弁護士会法教育検討特別委員会委員(平成22年度~24年度 委員長)
東北大学法科大学院非常勤講師(刑事模擬裁判)
みやぎ被害者支援センター理事

○趣味

音楽(爆音系からミニマルまでGood Musicならジャンルは問いません)

○メッセージ

10年間検事の経験を積んでから弁護士登録しました。検事時代は、検察官として刑事事件の捜査・公判に従事したほか、訟務検事として行政訴訟や国賠訴訟等で国の代理人もしました。
案件に応じた迅速かつ的確な紛争解決を目指していますが、できる限り円満な結果が実現するよう心がけています。

また、講師の仕事も性に合っているようで、法科大学院での講師のほか、官公庁、団体、企業等で各種研修講師を務めています。



【弁護士紹介 メールマガジン2018年1月号掲載】
こんにちは、翠川です。
事務所HPの自己紹介には、趣味は「音楽」と書きましたが、本も大好きです。
そこで今回は、昨年ハマって全作品を読破したドナ・タートをご紹介します。

ドナ・タートは、1963年生まれのアメリカ・ミシシッピ州出身の女性作家です。
執筆に10年を費やした「黙約」で1992年に遅咲きのデビュー。
2作目は2002年の「ひそやかな復讐」。
3作目は2013年の「ゴールドフィンチ」。
10年に1作ペースの極めて寡作な小説家なので、3作読めば全作品読破!です。
日本での知名度は今ひとつかもしれませんが、世界規模では全作品がベストセラー。
タイム誌の「最も影響力のある100人」に選出されたこともあります。

最新作「ゴールドフィンチ」はハリウッドで映画化が進行中です。
日本でも、村上主義者(「ハルキスト」ともいいますね)の間では知られた存在でした。
「村上さんのところ」で「ゴールドフィンチ」がスパゲティ小説に認定されたからです。
スパゲティ小説?村上主義者にはおなじみの言葉ですよね。
「スパゲティを茹でている最中もつい手に取ってしまう小説」。
もちろん広辞苑には載っていません。

作品はいずれもミステリ仕立てで、ページをめくる手が止まりません。
しかも、骨太な物語、きっちり書き込まれた細部。
古典の風格さえ漂います。
ただし、3作ともかなりの長編です。
「ゴールドフィンチ」に至っては4分冊あります。
ハマったら何日か徹夜する覚悟が必要です。
ちなみに「ゴールドフィンチ」とは、ファブリティウスの「ごしきひわ」のことです。
たまたま母親とメトロポリタン美術館にいた13歳の少年が爆弾テロに巻き込まれます。
大混乱の中、この世界的名画を持ち出したことから、波瀾万丈の物語が始まります。
まさにスパゲティ小説!

「黙約」は、もともと「シークレット・ヒストリー」というタイトルで翻訳されました。
長らく絶版でしたが、昨年「黙約」と改題されて新潮文庫で復活。
解説は村上春樹です。
アン・パチェットがセレクトした「この75年間の75冊」のうちの1冊でもあります。
さらには、Amazonの「一生のうちに読むべき100冊」にも選ばれています。
面白さは折紙付きといっていいでしょう。

私の一番のお気に入りは「ひそやかな復讐」です。
12歳の少女が、兄を殺害した犯人を見つけ出して復讐しようと企てます。
彼女が引き起こす無鉄砲な騒動からも目が離せませんが、何より細部が圧巻です。
舞台はアメリカ南部の地方都市。
光景だけでなく空気まで感じさせる情景描写。
どこかユーモラスな登場人物たち。
濃くて暖かでありながらも閉塞感のある人間関係。
見え隠れする差別、貧困、疎外、暴力・・・。
読み終えるのが惜しくなるほど、小説を読む楽しみに満ちています。
残念ながら「ひそやかな復讐」は現在絶版状態です。
仙台市の図書館にも蔵書がありませんでした。
読むためには古書を探すか原書("The Little Friend")で読むしかありません。
とはいえ、次回作まではあと10年あります(笑)
ゆっくり探して下さい。
おっと、字数オーバーになりました。
機会があれば、アン・パチェットもご紹介したいと思います。

以上

他の弁護士のご紹介はこちらから

●所長弁護士 官澤里美 ●弁護士 鈴木忠司 ●弁護士 丸山水穂
●弁護士 橋本治子 ●弁護士 小向俊和 ●弁護士 翠川洋
●弁護士 長尾浩行 ●弁護士 渡邊弘毅 ●弁護士 浅倉稔雅
●弁護士 武田賢治 ●弁護士 太田響  



▼メールでの法律相談のご予約はこちらから
http://www.kanzawa-lo.com/contact/