宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

無料メールマガジン

登録はこちらから

バックナンバー

弁護士 浅倉稔雅(あさくら としまさ)

_DSC7989.jpgのサムネール画像

○略歴

茨城県出身
大阪府立三国丘高等学校卒業
東北大学法学部卒業
平成20年03月 東北大学法科大学院卒業
平成20年10月 新司法試験合格
平成21年12月 最高裁判所司法研修所卒業(新62期仙台修習)
平成21年12月 弁護士登録、仙台弁護士会入会、官澤綜合法律事務所入所

○取扱分野

労働事件(主に使用者側)
交通事故事件(主に被害者側)
原発損害賠償請求
建築関係事件
B型肝炎被害者の方の給付金請求
個人の債務整理
相続(遺産分割・遺言書作成等)
債権回収
不動産関連事件
離婚・離縁事件
その他民事事件
刑事事件

○弁護士会活動・役職等

仙台弁護士会研修図書委員会4部会部会長
仙台弁護士会法律相談センター運営委員会委員
仙台弁護士会民事弁護委員会委員(労働法制部会)
仙台弁護士会弁護士法照会調査室
東北弁護士会連合会研修委員会委員
B型肝炎被害対策弁護団所属
みやぎ原発損害賠償弁護団所属

○その他資格等

法テラスコールセンターリーガルアドバイザー
仙台市雇用労働相談センター相談員
宅地建物取引士 試験合格
メンタルヘルス・マネジメントⅠ種
 AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)認定者
2級知的財産管理技能士

○趣味

テニス、旅行、将棋など

○メッセージ

依頼者の方のため、最善を尽くします。
一般的な相談だけでなく、原発損害賠償請求(原子力損害賠償紛争解決センターへの申立実績20件以上)や、B型肝炎の給付金支払いを国に求める手続き等、幅広く対応しております。
十分な準備と誠実な対応を心がけますので、お気軽にご相談ください。

【弁護士紹介 2017年10月号掲載】
弁護士紹介3人目ということで、今回は浅倉より自己紹介をさせていただきます。
事務所に入所してもう少しで9年目になります。
ロースクール・司法試験で労働法を選択していたこともあり、 事務所では、労働法関連のセミナーなどを担当することが多いです。
私は茨城県で生まれ、高校卒業まで大阪の堺市で育ち、 東北大学進学を機に仙台に移りました。
関西方面の方とお話しするときなど、たまに関西弁が出てしまうのは大阪育ちが混ざっているためです。
また、たこ焼きが好きですが、たこ焼き屋が仙台に少ないのはさびしい限りです。

趣味は、弁護士になってから始めたテニスです。
テニススクールに通って週末に運動することが良い気分転換になって 継続していたのです…が、最近腰を痛めたので、しばらくお休みしています。
健康のありがたみを身に染みて感じている今日この頃です。
他に、将棋の中継や書籍を見るのも趣味の一つです。
大学の頃に将棋部に所属していたこともあり、数年前の電王戦(将棋ソフトとプロ棋士の対抗戦)を興味深く見ていました。
将棋ソフトは本当に強くなりましたね、AIの進化は驚異的だと思います。
ただ、人間であるプロ棋士同士の対局から勝負術や新しい発想を見るのも面白いので、 興味は尽きないなと思います。
今年は藤井聡太四段の活躍でTVでも特集されたり、書店でも将棋本コーナーが設けられるなど、 将棋が注目されていることは嬉しく思います。
なお、今年の10月下旬~12月まで開催される竜王戦では、 羽生善治棋聖が渡辺明竜王と対戦し、もしタイトルを獲得すれば史上初の 「永世七冠」(永世名人・竜王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)となるので、 今年将棋に興味を持った方はぜひこちらにも注目してみて下さい。

また、喫茶店などで読書をしていることも多く、仕事や将棋関係以外では スポーツ選手の自伝(サッカー、テニス、卓球など)もよく読みます。
W杯などの大舞台での心境や、生い立ち、挫折を克服した経験などが 選手自身の言葉で語られていて大変興味深く、元気づけられることも多いです。
皆様、お勧めな喫茶店や書籍がありましたら、ぜひお教えください。
次回は、私の1期上の渡邊弁護士が担当です。
お楽しみに。

以上

他の弁護士のご紹介はこちらから

●所長弁護士 官澤里美 ●弁護士 鈴木忠司 ●弁護士 丸山水穂
●弁護士 橋本治子 ●弁護士 小向俊和 ●弁護士 翠川洋
●弁護士 長尾浩行 ●弁護士 渡邊弘毅 ●弁護士 浅倉稔雅
●弁護士 武田賢治 ●弁護士 太田響  



▼メールでの法律相談のご予約はこちらから
http://www.kanzawa-lo.com/contact/