宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

無料メールマガジン

登録はこちらから

バックナンバー

2019年2月4日 河北新報 週刊オーレ掲載記事家族信託はどう使うのですか?」

毎週金曜日に発行される河北新報「週刊オーレ」に当事務所の弁護士が記事を掲載しています。
皆様の身近なお悩みに対してアドバイスしていますので、ホームページ上でも公開いたします。
ぜひご一読ください。


【新着記事】
2019年1月11日発刊の週刊オーレは、弁護士官澤里美が担当しました!


家族信託はどう使うのですか?】
「信託」とは、自分の財産の管理・処分を相手を「信」じて「託」すことで、信託する財産の所有権を託す相手(受託者)に信託目的で移転してしまいます。
家族が受託者となる信託を「家族信託」と呼んだりしています。

高齢でアパートの管理に不安が出てきた父親が、息子を受託者として不動産管理に信託を使ったり、一人息子が重い障碍を負ってその将来が心配な親が、甥を受託者として息子の扶養に信託を使ったりしています。
 
元気なうちは所有する自宅で暮らしたいが、一人暮しが困難になったら自宅を売却して居心地の良い施設に入る費用としたいという人は、子どもを受託者として信託目的で自宅の所有権を移転しておくと、自分の判断能力が落ちた後でも受託者である子どもの判断で臨機応変に高値で売却することが可能となります。

このように、家族信託を使うと成年後見や遺言では難しいことが可能となりますので、財産の管理・処分・承継にお悩みの際は、詳しい弁護士に相談してみて下さい。


以上

2019年2月4日 河北新報 週刊オーレ掲載記事遺言はどう行えばよいのですか?」

毎週金曜日に発行される河北新報「週刊オーレ」に当事務所の弁護士が記事を掲載しています。
皆様の身近なお悩みに対してアドバイスしていますので、ホームページ上でも公開いたします。
ぜひご一読ください。


【新着記事】
2018年12月14日発刊の週刊オーレは、弁護士官澤里美が担当しました!


遺言はどう行えばよいのですか?】
遺言を行っておくことは、相続をスムーズにトラブルなく済ませるためにとても大切なことです。
遺言には、公証人に作成してもらう公正証書遺言と自分で作成する自筆証書遺言があります。
公正証書遺言は、公証人が証人2名の立会いのもとで遺言者本人の意思を確認して作成します。
公証人役場に行く手間がかかりますが安全で確実です。
自筆証書遺言は、遺言者本人が全文・日付・氏名を自書し押印して作成します。
手軽ですが方式に誤りがないように注意が必要です。

遺言があると遺言に書かれた内容により相続が行われ、遺産分割協議を行う必要がなくなります。
ただ、せっかく行った遺言も、法律で定められた方式を守らないと無効になり、内容が不明瞭・不適切だとトラブルの種を残すことになります。
そのようなことを防ぐためには、相続法の大改正が行われ来年1月13日から自筆証書遺言の作成方法が一部緩和されることもあり、遺言に詳しい弁護士に相談して行うのがよいでしょう。


以上



事務所紹介
事務所アクセス
弁護士紹介
弁護士費用
相談申込み
顧問企業専門ページ
お客様の声

google-indoor-view.png



ImgLS3_2.jpg