宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

無料メールマガジン

登録はこちらから

バックナンバー

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■ 妻のスマホをのぞき見…これって犯罪?違法?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夫婦間のトラブルについての相談を受けた際に、相談者の方から
「妻(夫)のスマホを勝手に見て浮気相手とのメールを発見したんですが…
これってどうなんでしょう?」
というご質問を受けることがたまにあります。

この質問については
①このような行為が犯罪になるか?
②このようにして得た浮気の証拠が裁判で証拠として使えるか?
という2つの側面から考える必要があります。

まず、①についてですが、結論から言うと、
スマホのロック(指紋・パスワード・顔認証を問わず)を解除して、
本体に保存されているメール・写真等のデータを見る、という限りにおいては、
現時点では、犯罪とはいえないものと思われます。

いわゆる情報の侵害行為については、不正アクセス禁止法が刑事罰を定めています。
しかし、同法で禁止されているのは、「ネットワーク経由」で「他人の識別符号」
つまりIDやパスワードを使用する行為です。

つまり、スマホ本体のロックを解除して、中のデータをのぞき見る、という範囲では、
ネットワークを経由していないので、不正アクセス禁止法違反になりませんし、
他の犯罪にもならないものと思われます。
逆に、上記の範囲を越えて、メールアプリを開いて、
サーバに保存されているメールを見たりすると、同法違反の可能性が出てきます。
(なお、LINEについては、端末に保存されているメッセージを見る限りではセーフという見解と、
スマホのロックを解除してアプリを起動した時点でサーバとの通信が行わるので
同法違反になる可能性がある、という両方の見解があります。)

また、②裁判で証拠として使えるか、というとさらに微妙になってきます。
先ほど、スマホの保存データを見る行為は不正アクセス禁止法に違反しない、と書きましたが、
このような行為がプライバシー権の侵害にあたることは明らかです。
そうすると、いわゆる違法収集証拠として、民事裁判においても証拠として使えない、
ということになる可能性が出てきます。
下手をすると、プライバシー権の侵害を理由に、逆に損害賠償を請求される可能性もあります。 (ただし、不貞の違法性の方が、メール覗き見の違法性より大きいから、という理由でスルーされることもままありますので、最終的にはケースバイケースです)

いずれにせよ、配偶者のスマホをのぞき見る行為は、
「いろんな意味で」リスクのある行為ですので、
くれぐれもご注意いただければと思います。

(弁護士 渡邊弘毅)

※このコラムは2018年1月にメールマガジンで配信した内容と同一です。


事務所紹介
事務所アクセス
弁護士紹介
弁護士費用
相談申込み
顧問企業専門ページ
お客様の声

google-indoor-view.png



ImgLS3_2.jpg