宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

2017年 5月19日 河北新報 週刊オーレ掲載記事一覧を更新しました

毎月第3週に発行される河北新報「週刊オーレ」に当事務所の弁護士が記事を掲載しています。
皆様の身近なお悩みに対してアドバイスしていますので、ホームページ上でも公開いたします。
ぜひご一読ください。

【新着記事】

2017年5月19日発刊の週刊オーレは、翠川洋弁護士が担当しました!



「家事の休業損害」
Q.先日、交通事故に遭い、パートを1ヶ月間休んだほか、買い物や炊事など家事も十分にできませんでした。
その期間の休業損害を賠償してもらうことはできますか。
(相談者)40代・主婦

A.事故によるけがが原因で会社を休み、その間の給料が減ったというように現実に収入が減った場合、
起訴収入額×休業期間が「休業損害」として認められます。
現実の収入減少がなければ休業損害は認められないと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、家事労働は金銭に換算して評価することができるので、現金収入のない主婦にも休業損害を認め、
女性労働者の平均賃金を基礎収入として算定するという考え方が定着しています。

 それでは、パートによる現金収入のある主婦(兼業主婦)はどうでしょう。
通常、パート収入は女性労働者の平均賃金より低いでしょうから、パート収入を基礎収入として算定すると、
兼業主婦の方が専業主婦より休業損害が少なくなってしまいます。
そこで、「専業主婦でも兼業主婦でも、休業損害を算定する際の基礎収入は女性労働者の平均賃金を用いる。
兼業主婦の現金収入分は加算しない。」として一律に扱うのが実務の取扱いです。

もちろん、パート収入が平均賃金を上回っている場合は、実際の現金収入を基礎収入として算定しますから、
収入の多い兼業主婦の方も心配ありません。


↓リンクをクリックすると詳細を閲覧できます(一部準備中です)
No タイトル
1  2016年 6月 教えて!官澤先生! 「借金・保証と相続放棄」
2  2016年 7月 教えて!官澤先生! 「定期借家とは?」
3  2016年 8月 教えて!官澤先生! 「事故に遭った際の慰謝料について」
4  2016年 9月 教えて!官澤先生! 「いらないと言った養育費の請求」
5  2016年10月 教えて!丸山先生! 「賃貸住宅の現状回復義務」
6  2016年11月 教えて!浅倉先生! 「年次有給休暇の取得」
7  2016年12月 教えて!渡邊先生! 「インターネット上の誹謗中傷」
8  2017年 1月 教えて!武田先生! 「勤務先に知られずに破産できるか」
9  2017年 2月 教えて!小向先生! 「突然知った父の借金」
10  2017年 3月 教えて!橋本先生! 「終活の第一歩」
11  2017年 4月 教えて!長尾先生! 「留学生の雇用」
12    2017年 5月 教えて!翠川先生! 「家事の休業損害」


事務所紹介
事務所アクセス
弁護士紹介
弁護士費用
相談申込み
顧問企業専門ページ
お客様の声

google-indoor-view.png



ImgLS3_2.jpg