宮城県仙台市にある官澤綜合法律事務所(仙台弁護士会)のホームページです

お問合せ

お電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

無料メールマガジン

登録はこちらから

バックナンバー

メールマガジン 2017年8月号

----------------------------------------------
◆◇◆ 官澤綜合法律事務所メールマガジン◆◇◆
----------------------------------------------

2017年8月25日

こんにちは、官澤綜合法律事務所です。
長雨もようやく晴れ暑さが戻ってまいりましたが、 いかがお過ごしでしょうか。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ メールマガジン配信開始のご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所では、今月から毎月25日頃メールマガジンを発行することと致しました。
セミナーの案内や報告、法務関係から趣味等の肩のこらないコラム、
当事務所の行事等を掲載して発行しますので、 多少でも皆様のお役に立てたら幸いです。


◆目次◆--------------------------  
1、不動産トラブルの上手な解決方法 事例1
2、弁護士紹介 第1回 太田響弁護士  
3、2017年9月 セミナー開催のご案内  
4、2017年8月 セミナー開催のご報告  
5、ホームページ コラム更新のお知らせ
----------------------------------

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 不動産トラブルの上手な解決方法 事例1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所では、売買から賃貸借まで種々の不動産についての トラブルの相談が寄せられ、
契約書作成から交渉・裁判による解決、 それらの経験を踏まえたセミナー等、
不動産に関する問題を 幅広く取扱ってきております。
そこで、当事務所で取扱った多数の不動産トラブルから、
ぜひ皆さんに知っておいて欲しい上手な解決方法を 掲載していきたいと思いますので、参考にして戴ければ幸いです。

[事例.1] 共有物分割訴訟で訴状を工夫して不動産を無償ゲット!
最近、当事務所では、共有地に関する相談を受けることが増えてきています。
遺産分割や種々の理由で不動産が共有状態になっていると、 不動産の利用や処分に不自由するもの。
そんなときは、民法第258条により裁判で分割して単独所有にしてもらうことができます。
分割は、現物を分割することもありますが、他の共有者に代償金を支払って 全体を自分の単独所有地にすることもあります
(実質は、他の共有者の持分の買取です)。

さて、先日、相談を受けたのが、A・B・Cの3名の共有地を Aの単独所有地としたいと思っており、
BはAに持分を時価100万円で売却することを承諾しているが、 Cは行方不明で交渉のしようがない。
どうしたらよいか?という事例でした。
行方不明のCに対しても公示送達という方法で訴状を送達し、共有物分割訴訟を起こすことは可能です
(実際は、Cは死んでいる可能性もあったのですが…)。
そこで、100万円の代償金を支払い、Cの持分をAが取得する共有物分割訴訟を起こすこととしました。
訴状の起案を始め、当初は「100万円の支払いと引換えに 持分を移転登記せよ。」との判決を求めようと思ったのですが、 調べてみると引換えにしなくとも「CはAに持分を移転登記せよ。 AはCに100万円支払え。」でもよいことが判明。
判決では100万円支払えと命じられても、 行方不明のCから実際に100万円の支払いを請求されることはなく、 実質は無償でCの持分を取得できることになる!と考え、 後者で訴状を起案し提訴。
裁判所もこちらの訴状の内容を認めてくれ、Aは、実質は無償で100万円の価値のあるCの持分をゲットできたのでした。


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 弁護士紹介 第1回 太田響弁護士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まえがき】
メールマガジンでは、ホームページの弁護士紹介だけでは見えない、
各弁護士の個性についてざっくばらんに紹介していきます。
相談に当たっている弁護士がどんな弁護士なのかを知っていただき、 少しでも身近に感じていただければ幸いです。
第1回は事務所で最も若い弁護士である太田響弁護士です。

【太田響弁護士より】
皆様いかがおすごしでしょうか。
若い弁護士から自己紹介ということですので、 初回は新人の太田から自己紹介をさせていただきます。
私は、北海道の旭川市で生まれ、小学校入学とともに函館に移住し、 函館で育ちました。
函館はご存知のとおり観光名所ですが、何より食べ物が非常に美味しい町です。
海鮮はもちろん有名だと思いますが、私が帰省したときに必ず食べるのは、 ハセガワストアという函館のコンビニで販売している「やきとり弁当」です。
海苔弁の上にやきとりがのってあるお弁当です。
「やきとり弁当」という名称ですが、上にのっているのはやきとりではなく 豚串です。
函館では豚串のことをやきとりと呼ぶのです。
函館に行かれる予定がある方は是非ご賞味ください。  

仙台に移住したのは高校卒業後です。
仙台に行きたいと思った理由は、 中学生の卒業旅行が仙台で、中学生の私は「なんて都会なんだ」と 仙台駅で思い(田舎者ですね。)、その時から仙台にいつか住みたいと思っていたのです。
また、中学3年生のときの担任の先生に、「いい大学はないか」と卒業時に質問したところ、 東北大学を勧めてくれたので、東北大学に進学しようと漠然と思うようになりました。
その先生も大学時代を仙台で過ごした先生でした。 仙台に今現在私がいるのは、中学生のときに決まっていたのかなと思います。    
釣りをすることが非常に好きです。
といっても私は海で釣竿を出しながらぼーっとしながら釣りをするスタイルで、 ルアーを使って大物を狙うというようなかっこいい釣りをしているわけではありません。
ちなみに、お盆は妻の実家の浜松に言ったので、浜名湖でキス釣りをしてきました。
小さい頃から自然に触れて育ってきたのでアウトドア派です。
今年は同期の弁護士と釣りに行って、その後バーベキューをする計画を立てていたのですが、 連日の雨で頓挫してしまいました。
これから晴れていくようなので、もう一度計画を立ててみようかなと思います。  
次回は、武田弁護士が担当です。お楽しみに。
※ホームページの弁護士紹介はこちら

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年9月 セミナー開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の法務セミナーは「民法を身に付ける…民法改正を踏まえて 第3回 契約の無効・取消・解除」 と題しまして、
官澤里美弁護士が講師を務めます。
日時:平成29年9月13日(水)     15:00~16:30(受付14:40)
会場:官澤綜合法律事務所 
セミナー室 定員:先着30名限定
参加費:1,000円(税込 受講時に現金払い、顧問先様は1名無料) 
申し込み方法:事務所にお電話いただくか、        
申し込み用紙を記入の上、FAX・郵送でお申込みください。  

※申し込み用紙はホームページに掲載いたします

講師より:  
契約は一方的に破棄できないのが原則ですが、 場合によっては無効となったり、取消や解除できることがあります。
どのような場合にそうなるのか、錯誤・詐欺・脅迫から債務不履行や 成年後見・無権代理まで具体例をあげながらわかりやすく解説致しますので、 多数のご参加をお待ちしております。  
なお、セミナー終了後、わかりにくかったこと等を 気軽に話せる雑談コーナーを設けたいと思いますので、奮ってご参加ください。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2017年8月 セミナー開催のご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月9日(水)、当事務所セミナー室にて、 「改正個人情報保護法のポイント」と題したセミナーを開催し、
弁護士の長尾浩行が講演を致しました。
今回もお忙しい中、多数の方がご参加下さいました。 厚く御礼申し上げます。
また、アンケートにご協力下さいまして、誠にありがとうございました。
※詳しくはホームページをご覧ください

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム更新のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
]当事務所のホームページには、弁護士や事務員が日々の出来事や感じていることをつづったコラムが掲載されています。
本日は大人気「グルメランチ」や「メディカル雑談」、「書評」など 様々なシリーズを執筆しているロイヤースズキによる新シリーズ 「ロイヤースズキの面白事件ファイルVol.1ー被告の年齢は140歳?」 を掲載しました。
ぜひホームページもチェックしてみてください! 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン配信担当 総務課のWです。
当事務所のメールマガジンに配信登録してくださり誠にありがとうございます。
内容はいかがでしたか?
内容についてのお問い合わせやご感想は当事務所までお気軽にお寄せください。

最近ホットな話題といえば、やはり雨でしょうか。
仙台では連続降雨日が観測史上1位にならぶ記録的な長雨となっています。
関東以西のようなゲリラ豪雨や激しい雷雨はありませんが、 だらだらと降り続きうっとうしい日が続きました。
雨の中、当事務所まで足をお運びくださった皆様、ありがとうございました。
当事務所では急な雨の日用に、お客様への貸出傘もご用意しております。
お困りの際は受付等へお申し付けください。
それでは、じわじわ暑い日が続きますが、お健やかにお過ごしください。

以上