コラム

新グルメランチ百選Vol .32「福満楼」 (弁護士鈴木忠司)

2020年06月11日

新グルメランチ百選Vol.32は、「町中華」です。
二日町の中華料理店「福満楼」は、2年前に居酒屋「キリン」が廃業した後に居抜きでオープンした、
中国人シェフが作る町中華です。
はっきり言って美味い。
昼は、近所のサラリーマン・ウーマンでいっぱいです。
そこで、今まで食べた定食をご紹介します。
なお食後にはコーヒーのサービスが付いています。
第1は「酢豚定食」(代金800円)です。
私の大好きなメニューで、豚肉の揚げ方、甘酢の出来で、シェフの腕が分かります。
合格です。
第2は 「青椒肉絲定食」(代金900円)です。
筍、ピーマン、豚肉の細切りにしっかり味がしみて合格です。
第3は「ホルモン野菜炒め定食」(代金750円)と「(豚肉)野菜炒め定食」 (代金730円) です。
肉野菜炒めが学生時代からの定番ですが、豚ホルモンも中々いけます。
合格です。
第4は「玉葱豚肉炒め定食」 (代金730円) です。 玉葱は、和洋中を問わず料理では欠かせない食材です。
甘くて味がしみてご飯のオカズに最適で、合格です。
第5は「豚肉と木耳玉子炒め定食」 (代金880円) です。
木耳は中華の基本食材で、味よし、食感よしで、豚肉とも卵とも相性がよく、合格です。
第6は「レバニラ炒め定食」 (代金780円) です。
新鮮な豚レバーを素揚げしてにらともやしを絡めると学生、サラリーマンが大好きな定食が完成です。
第7は「回鍋肉定食」 (代金800円) です。
最後にキャベツと豚肉の豆板醤炒めは、キャベツでご飯を食べたい時は最適です。
合格です。
以上
(弁護士 鈴木忠司)