コラム

新グルメランチ百選Vol .33「そば」 (弁護士 鈴木忠司)

2020年07月13日

新グルメランチ百選Vol.33は、「そば」です。

最近お気に入りの店が二つあるのでご紹介します。

一つ目は、県南の蔵王町の「おおみ」です。
国分町で料理屋をやっていた方が故郷に戻り「石打挽き手打ちそば処」を開業しました。
白石市の顧問先の社員の方に教えてもらいました。

 

メニューは色々ありますが、お薦めは「得選天ざる」(代金1200円)です。天ぷらは、野菜天に海老天2本が付きます。
また辛み大根おろしが付きます。
これが何とも言えない旨味と辛味があります。
辛味大根は宮城県内では生産されておらず、辛味大根そばは「高遠そば」とも言われます。

別の機会に行ったときも、「得選天ざる」を注文しましたが、更に「月見とろろ」(代金200円)を注文しました。

最近の我流は、葱でまずそばをすすり、次に海苔でそばをすすり、
次に山葵でそばをすすり、続いて野菜天でそばを噛み、最後に海老天でそばを噛みます。
色んな味が楽しめます。

 

二つ目は、宮城野区の「そば処」「あおば」です。
新寺通りを進み、東華中学校を過ぎて、球場が近くなり、
跨線橋手前の左側に広い駐車場を備えたお城のようなお店です。
1年程前から事前に券売機で食券を買うことになりました。

メニューは、色々ありますが、寒い冬場は、温かい「天ぷらそば(大盛)」(代金1100円)か
「五目そば(大盛)」(代金1100円)です。

天ぷらが、別皿で出てきます。

春から夏場にかけては「天ざる(大盛)」(代金1100円)です。
そばよし、つゆよしです。
また海老天2本は、満足感があります。

以上

(弁護士 鈴木忠司)