コラム

新グルメランチ百選Vol .34「いろは食堂古川店」(弁護士 鈴木忠司)

2020年09月29日

新グルメランチ百選Vol .34は、「いろは食堂古川店」です。

グルメランチ百選Vol .58で取り上げた「いろは食堂古川店」を数年振りに再度ご紹介します。

本年5月から仙台家裁古川支部に離婚調停で5回通い、毎回調停が終わった後「いろは食堂古川支店」で昼飯を食べました。
かって真新しかった暖簾も、数年の風雪にさらされ下の方が破けています。
店内は相変わらず昭和レトロ調ですが、お品書き表が新しく見やすくなっていました。

 

最初の5月は、「中華そば」の誘惑を断ちきって「カツ丼」(代金850円)でした。
卵に包まれたこれぞカツ丼で、丼物の王様です。

 

次の6月は、「冷やし中華」の誘惑を断ちきって「チャーシュー麺」 (代金900円)でした。
鶏チャーシューが美味しいです。

 

その次の7月は、暑くなって来たので、満を持して「冷やし中華」 (代金900円)でした。
正に涼麺です。涼しさを感じます。

 

更に8月は、隣の客につられて「五目中華そば」 (代金900円)でした。
具沢山でいろいろ楽しめました。

 

調停が成立した9月は、ご飯が欲しくて「炒飯」 (代金850円)でした。
正に味付き炒めご飯ここにありでした。

以上

(弁護士 鈴木忠司)