コラム

古高の快進撃1 弘前東戦(弁護士 鈴木忠司)

2018年10月17日

第1 古高の快進撃
2018秋季大会は、我が母校古川高校が、松島、東北学院、東北高校、大崎中央を破り、決勝に進出しました。
仙台育英には負けましたが、宮城第2代表で東北大会に進出しました。

第2 東北大会
1 古川vs弘前東13日(土)11:00八橋球場、勝てば14日(日)10:00こまち球場でvs秋田修英か大崎中央か青森山田。

2 弘前東は青森大会決勝惜敗の第2代表で強敵。
秋田修英は秋田第1代表。光星、花巻東、聖光でなくてまずまずですね。
勝って横手が負ければ21世紀枠当確。

3  悪天候の為、古高の初戦14日(日)に延期と秋田高野連より連絡あり。

第3  弘前東戦―現地特派員から、イニングごとの経過を報告します。
1回表、千坂投手調子よさそうです。
1番セカンドゴロ、2番セカンドゴロ、3番センターフライ、三者凡退。
1回の裏、古川高校の攻撃です。
2番ショートゴロエラーで出塁、3番ライト線タイムリー三塁打で1点先制、その後内野ゴロ、センターフライで、一回の攻撃終了 。
2回の裏、ランナー出塁し、送りバントで2塁送るも得点にいたらず。0―1で古川高校リード。
3回表、ツーアウトから弘前三塁打で出塁、ピンチ。 レフトフライ、難しいフライをエラーで1点かえされました。1―1の同点。
3回裏から5回表、得点なし。
5回裏、1番ファーストゴロエラー出塁、2番送りバント、3番レフト線へタイムリー、1点とりました。1―2で古高再度リード。
6回表、1番三塁打、2番三振、3番内野ゴロの間1点かえされました。 再度2―2の同点。
6回裏に突入。 出塁するも得点ならず。
7回表突入。得点なし。
7回裏、得点なし。
8回表、得点なし。
8回裏。ツーアウトランナー2塁、弘前東投手交代、エース登場、左の本格派。打てないかもって思った矢先、タイムリー、2―3三度リード。
9回表、ツーベース、その後タイムリーツーベース、弘前1点返し同点。なおランナー2塁からレフト前ヒット、本塁クロスプレーアウト。なおツーアウトランナー1塁も、スリーアウト。3―3の同点。
9回裏、同点で迎える古川高校の攻撃、サヨナラのチャンス。 ワンアウトから1番センター前ヒットで出塁。 2番ライトフライでツーアウトランナー1塁。 3番三振、延長突入です。

10回表、弘前東の攻撃。 1番からレフトフライワンナウト、 2番セカンドゴロでツーアウト、 3番ライトフライでスリーアウト、三者凡退。
10回裏、古高の攻撃。 バッターは4番千坂フォアボール、ノーアウトのランナー1塁 。
5番尾形フォアボールで出塁、ノーアウトランナー1塁、2塁。
6番高橋、送りバントで古川高校ワンナウト2塁、3塁、サヨナラのチャンス。
7番、フライ、スクイズ失敗、ツーアウトランナー2塁3塁。
8番、カウントツースリー からフォアボールでツーアウト満塁。
9番熊谷 、 ボールツー、スリー、フォアボール押し出し、サヨナラ。 勝ってしまった。

今日千坂投手は、育英戦とは別人のような球威に感じました。ただ、連投が心配です。
他の選手も上手くなってると思います。エラー0でした。弘前東はエラー4でした。 

第4 横手高校対羽黒高校の観戦
横手のピッチャー、ボールあまり来てない感じです。
羽黒1点先制です。 横手のピッチャーは2番手ピッチャーにかわりました。エースは制球が定まらず、現在4-0で羽黒がリードしています。
2番手は長身の右、制球が安定した良いピッチャーですが、羽黒の方が一枚上手な感じです。6-2羽黒リード 。

羽黒勝ちましたが、横手意外に強かったです。
古川高校と直接対決だと勝敗は分からなかったと思います。
これで21世紀枠当確です。明日勝てば確定です。 


出典:河北新報

以上